葬儀内容の決定は家族主導で

葬儀業者はお葬式関連のほぼ全てに関する準備、並びに当日の対応をサポートしてくれる頼もしい存在ですが、あくまでどのような内容にするのか、最終決定権は遺族側にあります。とりわけ初めて喪主としてお葬式に臨まれる場合、大切な家族を失った直後の動転した状況もあり、うまく意向を担当者に伝えられない、あるいは希望する内容すらも思い浮かばないケースも、実際に見られる展開です。

お葬式はタイムリミットを常に視野に入れ、速やかに準備を進めながら、同時進行で執り行って行かねばならず、こうした状況下、やむなく葬儀業者側が主導権のバランスで進めた場合、後々のリスクが否めません。全てを終えて時間が経過するにつれ、不満や疑問ばかりが増えてしまうお葬式では、旅立たれた故人も浮かばれません。こうした悪しき展開を回避するためにも、生前からどのような葬儀にするのか、ある程度明確なビジョンを、家族間で共有しておく準備が望まれます。

家族主導で対応すべき内容としては、葬儀の規模と予算面の希望を明確に担当者に伝える、親族を始めとする参列を希望する相手先への連絡から、予定参列者数の決定と確認作業が見過ごせません。また供花や供物、弔電などの名前の誤記の有無などの確認、席次や焼香の順番の確認も、業者側では判断がつかないポイントです。また会葬礼状や返礼品の準備など、数の確認が必要な準備に関しても、担当者に正確に伝える対応が求められます。

そして何より大切な家族の役割として、通夜と葬儀当日の挨拶が見過ごせません。いずれも司会進行や参列者の案内は業者担当の範疇ですが、故人との別れに駆けつけてくださった参列者への挨拶は、喪主と家族の重要な役割です。ひとりひとりへの感謝と、告別式の最後の喪主の挨拶、通夜ぶるまいや精進落としに際しての挨拶など、話す内容をしっかりと準備し、失礼のない挨拶を届けるようにしましょう。話すべき内容は文言に関しては、一般例がインターネット上などで紹介されていますので、それらを参照するなどし、準備を整えましょう。